目次

イネ縞葉枯病に関する情報

mokuda 2017/08/14 (Mon) 16:55

本サイトには、日本各地で問題となっているイネ縞葉枯病の発生生態防除に関する情報をまとめています。
農研機構 中央農業総合研究センター
病害研究領域 & 虫・鳥獣害研究領域

トップ画像 イネ縞葉枯病の総合防除マニュアル 2017年12月6日(水)より公開
左の画像をクリックしてください。

講習会のご案内(新技術の出前技術指導) 簡易ELISA法による簡便・迅速なイネ縞葉枯ウイルス保毒虫検定法
平成29年度の開催は未定です。随時開催しますので、講習をご希望の方は、連絡窓口までお問い合わせ下さい。
指導内容 関東以西の一部地域においてイネ縞葉枯病の発生面積が拡大傾向にあり、減収要因の一つとなっています。 本病の原因となるイネ縞葉枯ウイルスを体内に保有するヒメトビウンカの発生量を把握する方法を指導します。また、被害を軽減する上で参考となるヒメトビウンカおよびイネ縞葉枯ウイルスの発生生態について解説します。
注意事項
ヒメトビウンカの発生量やイネ縞葉枯ウイルスを保毒するヒメトビウンカの割合(保毒率)は都道府県の病害虫防除所でも行っていますので、まずはお近くの病害虫防除所にご相談下さい。

基本情報

イネ縞葉枯病とは

外部リンク

イネ縞葉枯病を媒介するヒメトビウンカ

外部リンク

発生予察

外部リンク

イネ縞葉枯病の防除

参考・外部リンク

その他の参考になる情報

リンク

書籍など

学会・研究会



本サイトは、できるだけ最新の情報を掲載し、情報の正確性には万全を期していますが、掲載された情報をご利用になったことによるいかなる損害についても責任を負いません。ご指摘、訂正事項等がございます場合は、下記までご連絡ください。 なお、本サイトはリンクフリーです。

ご意見・お問合せ
奥田充(Mitsuru Okuda) Ph. D
  農研機構 中央農業研究センター 病害研究領域 上級研究員
  TEL (FAX):029-838-8885 電子メール rsv_abcdefghijweb@ml.affrc.go.jp