ユーザ用ツール

サイト用ツール


webmail:forward-as-attachment

Webメールでメールを添付ファイルとして転送する

※内部利用者向けの情報です。

農林水産研究情報総合センター (AFFRIT) の電子メールシステムでは、迷惑メールの判定間違いを報告する際に、メールを添付ファイルとして転送 (message/rfc822 形式で添付して転送) する必要があります。このページでは、Webメールでメールを添付ファイルとして転送する方法について説明します。

なお、Webメールではなくパソコン上のメールソフトでメールを添付ファイルとして転送する場合は、各種メールソフトでの添付転送方法をご覧ください。

Webメールでの添付転送方法

(1) Webメールの件名一覧から、転送する予定のメールを選択します。「Shift + ↑」や「Shift + ↓」、「Shift + 左クリック」や「Ctrl + 左クリック」を用いて、複数のメールを選択することもできます。

(2) 「メール」メニューから「転送」→「添付して転送」を選択します。メール作成画面が開きます。

※選択したメールの上で右クリックメニューを開いて「添付して転送」を選択することでも、同じ動作となります。

(3) メール作成画面で、選択したメールが添付されていることを確認し、宛先などの情報を編集してから送信します。

制限事項

一度に転送できるメール数の制限

一度にまとめて添付ファイルとして転送できるメールは、10通までとなります。

関連ページ

webmail/forward-as-attachment.txt · 最終更新: 2009/10/30 (Fri) 23:30 by kazmiya