ユーザ用ツール

サイト用ツール


misc:dokuwiki:syntax

整形記法

文章の整形を行うには、シンプルなマークアップ記法を用います。 DokuWikiの記法は、ソース自体もできるだけ読みやすくなるよう考慮されています。 画面の上部か下部にある 編集 ボタンをクリックすると、ページのソースを見ることができます。 このページでは、編集にあたって利用できる記法をすべて説明します。 ためしに編集をしてみたい場合には、 Wiki記法練習用ページを使ってください。 主な記法は、クイックボタン からも利用できます。

基本的なテキスト整形

文字飾りとして 太字斜体下線等幅 を利用できます。
もちろん 組み合わせる こともできます。

文字飾りとして **太字**、 //斜体//、 __下線__ 、''等幅'' を利用できます。
もちろん **__//''組み合わせる''//__** こともできます。

さらに 下付き上付き も使えます。

さらに <sub>下付き</sub> と <sup>上付き</sup> も使えます

取り消し線 も利用できます。

<del>取り消し線</del> も利用できます。

空行をおくと、段落 となります。 段落内で 強制的に改行 するには、バックスラッシュ(日本語環境では円記号¥) を 2 つ連ねた後に空白文字を置くか改行します。

この文は改行
を含んでいます。2 連バックスラッシュが 改行として処理されるのは、空白文字が続く
か行の最後
にある場合だけで、\\それ以外はそのまま表示されます。

この文は改行\\ を含んでいます。2 連バックスラッシュが
改行として処理されるのは、空白文字が続く\\ か行の最後\\
にある場合だけで、\\それ以外はそのまま表示されます。

強制改行は、どうしても必要な場合だけ使ってください。

リンク

リンクの記述には様々な方法があります。

外部リンク

http://www.affrc.go.jp や、よりシンプルに www.affrc.go.jp のように文書中の URL は、 外部リンクとして自動的に認識されます。表題を指定して、 農林水産研究情報総合案内へのリンク のようにもできます。 メールアドレスも、不等号で括ると、 request@affrc.go.jp のように自動的に認識されます。

http://www.affrc.go.jp や、よりシンプルに www.affrc.go.jp のように文書中の URL は、
外部リンクとして自動的に認識されます。表題を指定して、
[[http://www.affrc.go.jp|農林水産研究情報総合案内へのリンク]] のようにもできます。
メールアドレスも、不等号で括ると、 <request@affrc.go.jp> のように自動的に認識されます。

内部リンク

この DokuWiki 内のページへのリンクには 2 連角カッコを使います。ページ名そのままで pagename とするか、表題 を指定します。 ページ名は自動的に小文字に変換されます。特殊文字は使えません。

この DokuWiki 内のページへのリンクには 2 連角カッコを使います。ページ名そのままで 
[[doku>pagename]] とするか、[[doku>pagename|表題]] を指定します。
ページ名は自動的に小文字に変換されます。特殊文字は使えません。

ページ名をコロンで区切ると namespaces(名前空間)を利用できます。

ページ名をコロンで区切ると [[namespaces]](名前空間)を利用できます。

詳細は namespaces をご覧ください。

ページ中の特定のセクションにリンクすることも可能です。ハッシュ記号(#)に続けてセクション名を記述します。 このセクション へのリンクです。

[[syntax#内部リンク|このセクション]] へのリンクです。

注:

  • 既存のページ へのリンクと 存在しないページ へのリンクとは表示が異なります。
  • デフォルト設定では CamelCase をリンクとして扱いません。config ファイルで変更できます。もし、「DokuWiki」 がリンクになっていれば有効になっています。
  • セクションの見出しが変更されると、そこへのリンク名も変化します。セクションへのリンクは多用しないほうが良いでしょう。

Interwiki

Interwiki リンクも利用できます。 InterWikiは、他の Wiki に手軽にリンクを張るための方法です。たとえば、 Wiki は Wikipedia のページへのリンクです。

[[doku>interwiki|Interwiki]] リンクも利用できます。
InterWikiは、他の Wiki に手軽にリンクを張るための方法です。たとえば、
[[wp>Wiki]] は Wikipedia のページへのリンクです。

Windows共有フォルダ

Windows 共有フォルダも this のように使えます。 ただし、イントラネット 内のように、仲間内でしか正常に使えませんので、注意してください。

Windows 共有フォルダも [[\\server\share|this]] のように使えます。

注:

  • セキュリティ上、Windows 共有フォルダを直接ブラウズできるのは、デフォルトでは Microsoft Internet Explorer(の「ローカルゾーン」)のみに限られます。

画像にリンク

リンク記法と 画像 (後述)を組み合わせると、 次のように、画像に内外部へのリンクをつけることができます。

 [[http://www.php.net|{{:misc:dokuwiki:dokuwiki-128.png}}]]

注: リンクの表題については、この画像以外の整形記法は使えません。 画像リンク の記法はすべてサポートされます (画像のサイズ変更、URL 指定や interwiki リンクなど)。

脚注

脚注 1) には、2 連の丸カッコを用います。

脚注 ((これが脚注です)) には、2 連の丸カッコを用います。

セクション見出し

最大 5 つのレベルまでの見出しを使って、文章の構造化を行えます。 3 つ以上の見出しを記述すると、目次が自動的に生成されます。 文書中に ~~NOTOC~~ という文字列を書くと 目次の生成を止めることができます。

第 3 見出し

第 4 見出し

第 5 見出し
==== 第 3 見出し ====
=== 第 4 見出し ===
== 第 5 見出し ==

ダッシュ (-) を四つ以上続けると、水平線が書けます。


画像やその他のファイル

波カッコを使って、画像 を記述できます。オプションで、画像サイズも指定できます。

実サイズ:

幅を変更:

幅と高さを変更:

実サイズ:                        {{misc:dokuwiki:dokuwiki-128.png}}
幅を変更:            {{misc:dokuwiki:dokuwiki-128.png?50}}
幅と高さを変更: {{misc:dokuwiki:dokuwiki-128.png?200x50}}

左右にスペース文字を記述すると、配置位置を指定できます。

{{ misc:dokuwiki:dokuwiki-128.png}}
{{misc:dokuwiki:dokuwiki-128.png }}
{{ misc:dokuwiki:dokuwiki-128.png }}

さらに、タイトルも指定できます(ほとんどのブラウザで、ツールチップで表示されます)。

キャプションです

{{ misc:dokuwiki:dokuwiki-128.png |キャプションです}}

画像 (gif,jpeg,png) 以外のファイル名を指定すると(ファイルが内外部いずれでも)、そのファイルへのリンクとして表示されます。

画像を他のページへのリンクとするには、上記の 画像にリンク をご覧ください。

リスト

リスト(番号付き・番号無し)を利用できます。行頭にスペースを 2 つ連ねた後に、* (番号無し)または - (番号付き)を記述します。

  • リストです
  • 2番目の要素です
    • 入れ子にもできます
  • 次の要素です
  1. 番号付きリストです
  2. 次の要素です
    1. 入れ子にするにはインデントを深くします
  3. 以上です
  * リストです
  * 2番目の要素です
    * 入れ子にもできます
  * 次の要素です

  - 番号付きリストです
  - 次の要素です
    - 入れ子にするにはインデントを深くします
  - 以上です

スマイリー

感情 を画像でもって表現するのがスマイリーです。スマイリーは smiley ディレクトリにたくさん収録されており、 conf/smileys.conf ファイルで設定されています。 使用できるスマイリーは次のとおりです。

  • 8-) 8-)
  • 8-O 8-O
  • :-( :-(
  • :-) :-)
  • =) =)
  • :-/ :-/
  • :-\ :-\
  • :-? :-?
  • :-D :-D
  • :-P :-P
  • :-O :-O
  • :-X :-X
  • :-| :-|
  • ;-) ;-)
  • ^_^ ^_^
  • :?: :?:
  • :!: :!:
  • LOL LOL
  • FIXME FIXME
  • DELETEME DELETEME

記号

記号を、普通の文字の組み合わせで記述することができます。認識される記号の例を次に示します。

→ ← ↔ ⇒ ⇐ ⇔ » « – — 640x480 © ™ ® "He thought 'It's a man's world'…"

-> <- <-> => <= <=> >> << -- --- 640x480 (c) (tm) (r)
"He thought 'It's a man's world'..."

注: 設定オプションパターンファイル を変更すると、この記号への変換を停止することができます。

nowiki記法または%%で囲むことで、この記号への変換を停止することができます。

-> <- <-> => <= <=> >> << -- --- 640x480 (c) (tm) (r) "He thought 'It's a man's world'..."

<nowiki>-> <- <-> => <= <=> >> << -- --- 640x480 (c) (tm) (r)</nowiki>
%%"He thought 'It's a man's world'..."%%

引用

ある文が、返信であったり、コメントであるということを表現したい場合もあります。その場合、次の記法を使います。

やった方が良いと思うけど。

> いや、やるべきではない!

>> まあ、やるべきでしょうね。

> ほんとに?

>> 本気です!

>>> では、やりましょう!

やった方が良いと思うけど。

いや、やるべきではない!
まあ、やるべきでしょうね。
ほんとに?
本気です!
では、やりましょう!

簡単な記法で表を作成できます。

見出し 1 見出し 2 見出し 3
行 1 列 1 行 1 列 2 行 1 列 3
行 2 列 1 列の結合 (後の縦線が2つであることに注意)
行 3 列 1 行 2 列 2 行 2 列 3

表の各行は通常 | (縦線)ではじめます。見出し行については、 ^ (ハット記号)ではじめます。

^ 見出し 1     ^ 見出し 2      ^ 見出し 3         ^
| 行 1 列 1    | 行 1 列 2     | 行 1 列 3        |
| 行 2 列 1    | 列の結合 (後の縦線が2つであることに注意) ||
| 行 3 列 1    | 行 2 列 2     | 行 2 列 3        |

セルを水平に結合するには、上記のように、後のセルの中身を完全に無しにします。 セルの区切りとなる縦線やハット記号は、どの行も同じ数だけ必要ですので注意してください。

列見出しも可能です。

見出し 1 見出し 2
見出し 3 行 1 列 2 行 1 列 3
見出し 4 列の結合は今回は無し
見出し 5 行 2 列 2 行 2 列 3

つまり、セルの前にある区切りの記号によって、様式が変化します。

|             ^ 見出し 1             ^ 見出し 2         ^
^ 見出し 3    | 行 1 列 2            | 行 1 列 3        |
^ 見出し 4    | 列の結合は今回は無し |                  |
^ 見出し 5    | 行 2 列 2            | 行 2 列 3        |

注: 縦方向の結合 (行の結合) はできません。

表の内容の配置を指定できます。2個以上のスペースをテキストの反対側に置きます。 つまり、右揃えにするには左側に2個のスペースを、左揃えにするには右側に2個のスペースを置きます。 中央揃えにするにはテキストの両側に2個以上のスペースを置きます。

配置を指定した表
中央
中央
xxxxxxxxxxxx xxxxxxxxxxxx xxxxxxxxxxxx

上記のソースは次のようになります。

^              配置を指定した表            ^^^
|            右|    中央      |左            |
|左            |            右|    中央      |
| xxxxxxxxxxxx | xxxxxxxxxxxx | xxxxxxxxxxxx |

整形されないブロック

整形が行われないブロックを記述することができます。2 つ以上のスペースでインデントする(前記の例を参照)か、code タグか file タグを使います。

整形済みのコードです。スペースの数が次のように保持されます。例、            <- ここ
同様ですが、ファイルの内容を示すときに使います。

ある範囲に対して整形を完全に行わないようにするには、その範囲を nowiki タグで括るか、2 連のパーセント記号 %% で括ります。

たとえば、アドレスを http://www.affrc.go.jp のように記述したり、 **整形** と書いても、何も処理がされません。

これらのブロックの使用については、このページのソースを見ると良いでしょう。

構文のハイライト

ソースコードの構文をハイライト表示して、読みやすくすることができます。GeSHi という汎用の構文ハイライトソフトを使用しており、GeSHi がサポートするすべての言語を扱うことができます。記法は、前述したコードブロックと同様ですが、言語の名称を <code java> のようにタグ内に記述します。

/** 
 * The HelloWorldApp class implements an application that
 * simply displays "Hello World!" to the standard output.
 */
class HelloWorldApp {
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println("Hello World!"); //Display the string.
    }
}

現在のところ、次の言語がサポートされています。actionscript, actionscript-french, ada, apache, applescript, asm, asp, autoit, bash, blitzbasic, caddcl, cadlisp, c, c_mac, cfm, cpp, csharp, css, delphi, diff, d, div, dos, eiffel, freebasic, gml, html4strict, ini, inno, java, java5, javascript, lisp, lua, matlab, mpasm, mysql, nsis, objc, ocaml, ocaml-brief, oobas, oracle8, pascal, perl, php-brief, php, python, qbasic, scheme, sdlbasic, smarty, sql, tsql, robots, ruby, vb, vbnet, vhdl, visualfoxpro, xml

1) これが脚注です
misc/dokuwiki/syntax.txt · 最終更新: 2015/01/15 (Thu) 11:10 by kurohori