ユーザ用ツール

サイト用ツール


email:client

メールソフトを設定する

※内部利用者向けの情報です。

農林水産研究情報総合センター (AFFRIT) の電子メールシステムでは、様々なメールソフトをご使用いただけるようになっています。ここではメールソフトを使用する際の設定などを説明します。

2017年3月以降、通信の暗号化(SSL/TLS)と、メール送信時の認証(SMTP-AUTH)が必須となります。
下記のメールソフトの設定例を参考に、ご利用のメールソフトの設定を変更して下さい。
メール送信時の認証(SMTP-AUTH)に対応出来ない複合機やサーバなどは、システム用メール送信サーバをご利用下さい。
2018年6月20日以降、通信の暗号強度を上げており、TLS1.0 / TLS1.1 / SHA-1 を使用不可としています。
利用できる環境は、TLS1.2以上となっておりますので、対応しているOS、メールソフトをご利用下さい。

なお、2017年2月までのメールソフト設定の説明はこちらを参照してください。

■ 利用できる通信方式とメールソフトの設定

POP を利用する場合のメールソフトの設定

POPを利用する場合の設定は,以下の通りです。

メールサーバ名  mail.affrc.go.jp
受信方式     POP over SSL/TLS
送信方式     SMTP over SSL/TLS (CRAM-MD5認証)

主なメールソフトの設定例
(* 印付きメールソフトの利用は非推奨です)

IMAP を利用する場合の設定

メールの受信に IMAP を利用する場合の設定は以下の通りです。

メールサーバ名  mail.affrc.go.jp
受信方式     IMAP over SSL/TLS
送信方式     SMTP over SSL/TLS (CRAM-MD5認証)

主なメールソフトの設定例

■ AFFRIT のメール利用に関する Q&A;

私が利用しているメールソフトの設定例が掲載されていないのですが

  • 全てのメールソフトの設定例を用意するのは不可能であるため,よく利用されているメールソフトの設定例のみを掲載しています。
  • 設定例が掲載されていない場合は,申し訳ありませんが,プロトコル対応表に沿ってメールソフトの設定を行ってください。
  • メールソフトの機能が不足している場合は,残念ながら接続できません。その場合は,機能がより豊富なメールソフト (Thunderbird など) に乗り換えてください。

どのようなメールアクセスが遮断されるのかを教えてください

以下のような通信/暗号化方式は利用できません。

  • 通信経路が暗号化されないプロトコル(POP3(110/TCP)、IMAP4(143/TCP)、SMTP(25/tcp))。
  • 認証しないメール送信(SMTP(Authなし))。
  • 実際に解読リスクが高まるなど、非推奨となった暗号化方式(SHA-1、SSLなど)。

AFFRIT のメールサーバが対応している通信方式を教えてください

AFFRIT のメールサーバが対応するプロトコル (通信方式) は以下の予定です(2017年3月以降)。
PDF ファイルはこちらへ

email/client.txt · 最終更新: 2018/09/03 (Mon) 13:33 (外部編集)