ユーザ用ツール

サイト用ツール


情-41

目次

持続的な林業生産システム研究開発プラットフォーム(情-41)

目的

林業による循環的・持続的生産量確保のた め、資源量の把握、効率的な伐採~再造林技術について研究開発を行う事を目的とする。

プロデューサー

酒井秀夫 一般社団法人日本木質バイオマスエネルギー協会 会長

プラットフォーム管理運営機関

305-8687 茨城県つくば市松の里1
国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所
持続的な林業生産システム研究開発プラットフォーム事務局
jim-jizokuringyo@ml.affrc.go.jp
029-829-8213

主な事業内容

  • 素材生産に関わる林業機械システム開発
  • 種苗・育林・保育システム開発
  • 木質バイオマスシステム開発
  • 資源量把握、利用技術に関する資源利用システム開発

入会手続き・規則等

プラットフォーム入会手続き

「知」の集積と活用の場の規則により、プラットフォームに入会できるのは産学官連携協議会会員のみとなっています。連携協議会への入会手続きを済ませた後、当プラットフォームへの入会申請をお願いします。なお、入会金・年会費等は不要です。 下記にある企業・団体用又は大学・研究機関用の入会申請・同意書を使い、機関・組織等の代表者・責任者の決裁を経た書類を当プラットフォーム事務局まで提出してください。 提出された入会申請・同意書を当プラットフォームのプロデューサーチーム会議で審議し、入会の可否を決定させていただきます。なお、事前に書類のpdf及び企業・団体等の概要が分かるホームページ等を事務局までお知らせいただけると、審議が早く進みます。

コンソーシアム設立について

規約によりコンソーシアムに加入できるのはプラットフォーム会員のみとなっています。コンソーシアム設立前に、すべての関係者が当プラットフォームの会員(個人会員を除く)であることを確認しておいてください。  コンソーシアムの設立を希望される方は、事務局までご連絡ください。内容について当プラットフォームのプロデューサーチーム会議で審議し、コンソーシアム設立の可否を決定させていただきます。

参画機関等

研究開発ターゲット

●林業機械分野の研究開発

* ICT、AI 等、専門技術分野の助力を得て、林業機械メーカーや各研究機関とクラスター連携し、伐採から収材・運搬全般について安全性の向上、自動化を推進します。また森林内の通信状況を改善し、林内でICTを活用する技術開発を行います。

●育林・保育システム開発分野の研究開発

*種子生産、苗木の育苗技術、一貫作業による地拵えから植栽、下刈りの省力化、除伐に至る施業の技術開発を推進します。

●木質バイオマスシステム開発分野の研究開発

*木質バイオマス資源作物の栽培技術、林内に残された木質バイオマス資源の利用、木質バイオマス資源の運搬、木質バイオマス資源の効率的な利用方法、木質バイオマス資源の燃焼評価に関する技術開発を推進します。

*関連パンフ等
==木質資源作物==
ヤナギ畑からの利用
北海道における木質バイオマス資源作物の生産促進技術の開発
木質バイオマス資源作物としてのヤナギ栽培の実用化
==木質効率化==
燃料用丸太の天然乾燥に必要な日数を簡便に推定するツールの開発
木質バイオマスを直接メタン発酵する技術の実証試験
==木質燃焼==
木質バイオマス発電事業の安定的な拡大手法の開発
中小規模木質バイオマス熱電併給事業の採算性評価

*データベース
木質バイオマスを用いた発電・熱電併給事業の採算性評価ツール(CHP評価ツール)

*論文
木質資源作物としてのヤナギの利用可能性
ヤナギの樹種特性とバイオマス生産を睨んだその栽培
バイオマス造林樹種ヤナギの低コスト高収穫のための施策
下川町栽培試験地におけるヤナギの収量とその年変動
ヤナギ挿しつけ1年目の台切りの有無が萌芽2年目のバイオマス量に与える影響
GIS環境情報を用いた北海道内におけるヤナギ栽培可能性評価
GIS環境情報を用いた下川町内におけるヤナギ栽培適地の抽出
ヤナギ超短伐期施業時の獣害の回避法
ヤナギ超短伐期施業時の獣害の回避法(II)

*報告書
北海道ササ分布図 1983年技会プロ大型別枠「バイオマス変換計画」報告書
山地系ポプラの短伐期収穫における多収穫技術I 1987年技会プロ大型別枠「バイオマス変換計画」報告書
山地系ポプラの短伐期収穫における多収穫技術II 1991年技会プロ大型別枠「バイオマス変換計画」報告書
カンバ類の短伐期収穫における多収穫技術II 1992年 技会プロ大型別枠「バイオマス変換計画」報告書

●資源利用システム開発分野の研究開発

*針葉樹資源・未利用な広葉樹資源の賦存量推定や利用方法の開発、広葉樹等の新たな造林技術、針葉樹林の広葉樹林化技術の開発を推進します。

プロデューサー活動支援事業

令和元年度より2年間の予定で、プロデューサー活動支援事業(外部リンク)の支援を受け事業を実施しています。 支援事業の詳細については、支援事業のページでご確認ください。→支援事業のページはこちら

活動履歴

当プラットフォームは地創林木プラットフォーム及びプロデューサー支援事業と密接にリンクして活動しています。詳細は以下をご覧ください
プロデューサー活動支援事業

情-41.txt · 最終更新: 2020/04/09 (Thu) 08:41 by utsugi

ページ用ツール