ユーザ用ツール

サイト用ツール


start

Jeconetとは

Jeconetは、1995年5月22日に発足した、生態学全般にかかわるメーリングリスト(ML)です。参加者数は約3500名(2014年1月現在)で、分野も動植物を問わず、学生から社会人まで広い参加者層によって、生態学に関する情報交換を行っています。

Jeconetに参加しますと、Jeconet宛に送信されたメール(毎日2〜4通程度)が参加者全員に送付されます。もちろん、投稿もできますし、リプライも全員に配付されます。このようにして、参加者相互による情報交換・コミュニケーションが実現されます。

MLに歓迎される記事は次のようなものがあります。

  1. 新しい方法論・着想
  2. 研究上のQ&A・議論
  3. 新解析ソフトの情報・評価
  4. 新刊書の情報・書評
  5. 研究集会の情報
  6. 公募情報

これらのうち、Jeconetに最も多いのは、研究集会の情報や公募情報です。もちろん、入会金などありませんので、気楽に参加してみてはいかがですか?

参加・脱退・メールアドレス変更の方法

参加

  • メールアドレス収集やspam配信を目的とする参加を防止するため、氏名と所属の記入をお願いしています。

https://collab.sys.affrc.go.jp/ の左側メニュー「メーリングリスト参加申請」を選択。次の画面でjeconetを選択して(ページ内検索をつかうとよいでしょう)、あとは画面の指示に従ってください。

農林水産研究情報総合センター利用者(affrc.go.jpドメインの人)は、 https://nss.sys.affrc.go.jp/internal/ml.xhtml の左側メニュー「メーリングリスト参加申請」から申請して、あとは画面の指示に従ってください。

脱退

https://collab.sys.affrc.go.jp/ の左側メニュー「メーリングリスト脱退申請」を選択。メーリングリスト名に“jeconet”(かならず全部小文字)、脱退するメールアドレスに、自分のメールアドレスを入力。 「申請」ボタンを押して、あとは画面の指示に従ってください。

農林水産研究情報総合センター利用者(affrc.go.jpドメインの人)は、https://nss.sys.affrc.go.jp/internal/ml.xhtml の左側メニュー「参加中メーリングリスト一覧」を選択。「参加中メーリングリスト一覧」にて「jeconet」の「脱退申請」を選択。

メールアドレスの変更

メールアドレスの変更は、新アドレスで参加したうえで、旧アドレスで脱退してください。旧アドレスが使用不可になっている場合は、管理人jeconet-admin@ml.affrc.go.jpまでご連絡ください。

承認処理

参加・脱退申請は、Jeconet管理者が承認処理をおこないます。2016年6月29日より、農林水産省研究ネットワーク(MAFFIN)のセキュリティ強化のため、MAFFIN外部からの承認処理ができなくなりました。このため、承認処理は原則として平日昼間のみにおこないます。また、長期出張などにより承認が大きく遅れる可能性もあります。あらかじめご了承ください。

投稿

jeconet@ml.affrc.go.jpへメールを出してください。

  • Jeconetに投稿したメールは、アーカイブに収録され、将来にわたって参加者に公開されますので、あらかじめご了承ください。
  • メールを発信する前に、Jeconet会員全体の利益を資するような情報性・公共性があるかどうかを今一度振り返ってから発信して下さい。
  • 文字コードは、なるべくISO-2022-JP (いわゆるJISコード)にしてください。UTF-8のメールも排除はしていません。
  • HTMLメールは使用できません。HTML部分が自動的に削除されて配送されます。
  • 添付書類の付いたメール、文字コードが規程違反(Shift-JIS・CP392・GB2312など)のメール、迷惑メールと判定されたメールは、配送されません。
  • 投稿時のメールアドレスは、登録されているものに限ります。Jeconetでは会員以外の投稿は認めていません。このため、Jeconetに登録されているメールアドレス以外からの投稿は、すべてエラーとなります。
  • 次のようなメールの投稿は控えて下さい。
    • 誤りを詫びるだけのメール
    • お礼や時候の挨拶のみのメール
    • 不要な長い引用文
    • 特定の会員宛の個人的メール
    • おしゃべりに近い会話文
  • リプライ(返信)コマンドで返信すると投稿者以外には配送されません。したがって、返信の際には次のことをお願いいたします。
    • ML上でのやりとりを最優先する。
    • MLに返信する際は、Subjectに Re: がつくようにする。
    • 個人的情報交換があった際の結論は、まとめてMLに報告する。
  • Subjectは、メールの内容を簡潔に表現したものにして下さい。
  • 1行の文字数が多すぎると、メールソフトによっては大変よみづらくなります。なるべく、適当な文字数(25〜35字程度、「半角」文字で50〜70字程度)で改行を入れるようにしてください。

諸注意

  • 配送のon/off機能はなくなりました。長期の出張などで長期間メールをチェックできないことが予想されるときは、あらかじめメールボックスを空けておいて、メールボックスがあふれないようにしてください。
  • メールボックスのあふれなどで返送されるようになったアドレスについては、メンバーリストから削除することとします。この場合、再び配送を希望する場合には、新たに参加登録しなおすようにしてください。
  • メールを転送している方は、転送先でもエラーが発生しないようにご注意ください。転送先でのエラーについても、配送元アドレスの削除をおこないます。
  • Jeconetに投稿されたメールは、発信者の許可なく外部へ転載してはいけないことになっています(規程第2項)。発信者の許可をとって転載する場合でも、発信者に迷惑がかからないよう取り扱いには十分注意してください。

よくある質問

Jeconetによく(もないものも含むけど)寄せられる質問を集めてみました。

  • (問) 配送アドレスを変更したいのですが、どうしたらよいですか。
    • (答) 新しいメールアドレスで新規に参加して、古いメールアドレスの方では脱退してください。
  • (問) 一時的に配送を停止してほしいのですが、どうしたらよいですか。
    • (答) 一時的に脱退して、あとでまた新規に参加してください。
  • (問) Jeconetにメールを投稿しましたが、配送されません。どうしてですか。
    • (答) 「下記のメールはメーリングリストの投稿メンバ制限により配送されませんでしたので、お知らせします。」という内容のメールが返送されてきたときには、送信アドレスが登録アドレスと違っているためです。もう一度送信アドレスを確認してみてください。
    • 添付ファイルのついたメールは配送しないようにしています。プレーンテキスト形式で送信しているか、メールソフトの設定を見直してみてください。あるいは、文字コードがISO-2022JP以外になっているのかもしれません。文字コードの設定も見直してみてください。
    • Gmailをお使いの場合、自分が送信したメールは受信トレイには表示されない仕様になっています。正常に配送されている可能性がありますので、「すべてのメール」を確認してみてください。
  • (問) 最近、Jeconetのメールが全然こなくなりました。どうしてでしょうか。
    • (答) メールの配送エラーがあったため管理人により脱退処理された可能性があります。この場合、配送を再開させるには、もう一度新規に参加し直してください。
  • (問) 特定の投稿者からのメールを見たくありません。どうにかしてください。
    • (答) お使いのメールソフトのフィルター機能(「ルール」などの名前のこともあります)を利用して、その投稿者からのメールを直接ゴミ箱に捨てたり、「迷惑メール」になるようにしてください。具体的な設定方法は、お使いのメールソフトのマニュアルなどをご覧ください。

参加者向けの情報

JECONET(生態学メーリングリスト)運用規程

やや古くなって実態とあわない部分もあります。

(平成7年5月22日より施行、平成10年7月27日改訂、平成17年4月8日改訂)

このメーリングリスト(ML)は、生態学に興味をいだく人々が、生態学のさまざまな主題について議論や情報交換をリアルタイムで行うために開設された。入会資格は特に設けないが、会員は以下の規定を遵守することとする。

  1. 入退会および異動については、速やかにML管理者(jeconet-admin@affrc.go.jp)まで知らせること。
  2. 本ML上の記事を転載する際には、その記事の発信者の許可を受けること。
  3. 本MLで得た個人情報の商業目的利用を禁止する。
  4. 会員のプライバシーを侵害したり、誹謗中傷する行為を禁ずる。
  5. Subject文には、半角カタカナ文字を使用しないこと(全角日本語はOK)。
  6. 会員は、長期出張などの際に、一時的に会員を離脱(# off コマンド)して、メールボックスが満杯にならないように心掛けること。ML管理者は、メールボックスの満杯による返送が続いた会員に対して、強制的に会員を一時離脱させることができるものとする。
  7. メールにはファイルを添付しないこと。また、本文はプレーンテキストとし、スタイル付きテキストやHTMLを使用しないこと。
start.txt · 最終更新: 2018/03/06 (Tue) 14:44 by hiroki