ユーザ用ツール

サイト用ツール


ppp2

PPPサービス

PPPサービスは、2016年8月31日をもって終了します。これまでのご利用ありがとうございました。

概要

AFFRITでは、一般電話回線、ISDN回線、携帯電話、PHSを利用してMAFFINへの接続するサービスを提供しています。
このサービスを利用して、自宅や出張先からも最寄りのアクセスポイントに接続してE-mail等の各種サービスを利用することが可能です。

これまで PPPサービスを提供するための機器を独自に保有していましたが、メーカーの保守が終了し、後継機も販売されない状況となりました。このため、KDDI のダイヤルアップを利用した代替サービスを提供いたします。
旧PPPサービスも平行してご提供いたしますが、こちらは2012年9月末を目処に提供を終了する予定です。(機器が壊れた場合はその時点で終了します)
なお、ブロードバンドが普及している現在、PPPサービスは通信会社も縮小の傾向にあり、MAFFINのアドレスを付与するPPPサービスの提供は今後難しくなる見通しです。
利用者の方にはご不便をおかけいたしますが、ご理解をお願いいたします。
また、ご自宅からの利用につきましては可能な限り民間プロバイダ+MAFFIN-VPNサービスへの移行をお願いいたします。

認証方法

このサービスは、PPPによるNetworkの設定が一通りできる方を対象としています。
また接続機器は、ウィルス対策ソフトを導入し、最新のアップデートを施している機器に限ります。
利用を希望される方は、所属機関の管理者にダイヤルアップサービスのアカウントとパスワードをご確認ください。
(所属機関によってアカウントとパスワードが異なります)
また、セキュリティ確保のため半年に一度パスワードを更新いたしますのでご注意ください。

PPP接続アクセスポイント情報、料金

本サービスは,KDDIのDODサービスを利用しています。
以下のアクセスポイントをご利用ください。
ホテルの内線電話からの発信については、0053発信を制限したり、一部料金を加算する施設がありますので、宿泊時にホテルのフロントにご確認ください。
[全国]
0053-600-30205
※発信者負担の通信料金 固定電話:1分10円、携帯電話:1分10円~45円(携帯電話の契約メニューによる)
※※一部の携帯電話からのPPPが受けられない場合があります。

0726-47-2635
※発信者負担の通信料金 大阪府茨木市への電話料金となります。
※※船舶電話、衛星電話はこちらでしか受けられません。

参考:KDDI DODサービス
http://www.kddi.com/business/dod/index.html
au お客様サポート
http://cs119.kddi.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=003505

料金請求

0053番
- 固定電話(研究所業務電話および家庭用電話)
通信料はKDDIから個別に請求書が送られます。
- 携帯電話
もともと全国一律料金です。

0726番
 通常の電話料金に含めて請求されます。

ハードウェア

単体モデム、PC内蔵モデム、ISDNターミナルアダプタ、ISDNルータが利用可能です。
PHSを利用することもできます。
内線電話からの利用については、初期化コマンドに注意してください。

サーバ設定

各種サービスのサーバは以下のとおりです。

項目設定内容備考
POPサーバmail.affrc.go.jpAPOP, POPSのみ利用可能
IMAPサーバmail.affrc.go.jpIMAPSのみ利用可能
SMTPサーバmail.affrc.go.jp

参照URL:
DNSサーバを設定する
メール全般について
ネットワークサービスシステム
MAFFIN-VPNサービス

PC設定

ppp2.txt · 最終更新: 2017/02/24 (Fri) 09:01 by itoy