ユーザ用ツール

サイト用ツール


email:mailrestore

2012年システム移行時に削除されたメールの復活対応について

※内部利用者向けの情報です

このページで説明しているメール復活対応は、2013年8月末日をもって受付を終了しました。

3月から新たに運用を開始した農林水産研究情報総合センター(AFFRIT)の2012年システムにおいて、Webメールを利用の際に、利用者から見て「メールを削除された」状況が発生しています。

情報総合センターでは、希望者に対して、これら削除されたメールをWebメール上に「一時的に復活」させる対応を行います。

また、これに関連して、2013年3月25日に、必要なメールを選択してサーバに残すことのできる特殊フォルダ「STOCKBOX」を【全利用者】のWebメールに設置しました。

用語の説明
POP削除:「POP」は、メールソフトでメールを受信するための標準的なプロトコルです。POPでメールを受信する際、メールソフトの設定によって、そのメールはサーバから削除されます。このことを、ここでは「POP削除」と呼びます。

メール復活について

  1. 復活できるメール
    • 2013年3月1日より前に受信し、システム移行時にPOP削除された全てのメール
    • 2009年2月以前に受信した全てのメール
      (保存フォルダに関係なく、上記に当てはまる全てのメールが対象)

  2. 復活できないメール
    • ×2013年3月1日以降、POP削除されたメール

  3. 復活の手順

  1)復活希望をメールで申請する 申請受付〆切:2013年8月末日

復活希望メール様式

宛先:mailrestore@affrc.go.jp (復活申請専用アドレス)
件名:AFFRITメール復活申請
本文:(以下2点を記載してください)
   1.利用者アカウント名
   2.「2012年システム移行時にWebメールから削除されたメールの復活を申請する」旨

  2)申請受付後、復活処理を実行します

  • 受付から数日以内に復活処理を実行します。
    (申請が集中した場合、処理に時間がかかることがあります)
    ※申請内容の不備等により受理できなかった場合は、その旨をお知らせします。
  • Webメールの「ホーム」直下に「RESTORE-OLDSYSTEM」を自動で設置し、復活できるメールを全て置きます。
    (フォルダ階層は復活しません)
    ※「RESTORE-OLDSYSTEM」フォルダはシステム側が自動で設置します。利用者側が用意する必要はありません。
  • 復活処理が完了した旨をメールでお知らせします。

  3)必要なメールを「ホーム」直下の「STOCKBOX」に移動して下さい。 移動作業期限:2013年9月末日
  :!:「RESTORE-OLDSYSTEM」は復活用の一時フォルダです。2013年10月以降、順次削除します。
  :!:「STOCKBOX」以外のフォルダに移動すると、メールソフトの受信対象になります。メールソフト内にそのメールが既に存在しても、二重で受信してしまいます。

「STOCKBOX」とは

  • 【全利用者】に自動で設置する保管用フォルダです。
  • POP受信の対象外です。この中のメールはメールソフトでPOP受信できません。
  • ここに置かれたメールはサーバからPOP削除の対象外となります。
  • 配下に作成したフォルダ内のメールも同じ動作となります。

今後のメールソフトとWebメールの併用について

 (1) メールソフトで受信し、
 (2) 一定期間はWebメールで閲覧可能とし、
 (3) 一部のメールを選択的に(2)の期間後もサーバに残す
 を以下の方法で実現することができます。

  • メールソフトのPOPの設定を、「受信後一定期間後にサーバから削除する」にする。
  • その一定期間内に、サーバに残すメールをWebメール上で「STOCKBOX」フォルダに移動する。

:!: Webメールの自動振り分けで「STOCKBOX」フォルダに振り分けると、メールソフトでPOP受信できません。

関連ページ

email/mailrestore.txt · 最終更新: 2013/09/03 (Tue) 14:13 by kurohori