ユーザ用ツール

サイト用ツール


email:client

文書の過去の版を表示しています。


メールソフトを設定する

※内部利用者向けの情報です。

農林水産研究情報総合センター (AFFRIT) の電子メールシステムでは、様々なメールソフトをご使用いただけるようになっています。ここではメールソフトを使用する際の設定などを説明します。

2017年3月以降、メール送信時の認証(SMTP-AUTH)が必須となります。
 ご利用のメールソフトの送信設定が認証を行わない設定となっている方は、メール送信が出来なくなってしまいますので、下記のメールソフトの設定例を参考に設定を変更して下さい。

■ AFFRIT が推奨する設定とメールソフトの設定例

MAFFIN接続機関内パソコン向けの推奨設定

MAFFIN接続機関内のパソコン向けに AFFRIT が推奨する設定は,以下の通りです。

メールサーバ名  mail.affrc.go.jp
受信方式      APOP
送信方式      SMTP over SSL (認証あり)

主なメールソフトの設定例
(* 印付きメールソフトの利用は非推奨です)

POP ではなく IMAP を利用する場合の推奨設定

メールの受信に POP ではなく IMAP を利用する場合は,以下の設定を推奨します。

MAFFIN接続機関内パソコン向け
メールサーバ名:mail.affrc.go.jp
受信: IMAP (CRAM-MD5 認証)
送信: SMTP over SSL (認証あり)
設定例: Becky!, Outlook, Thunderbird, Mail (Mac), Thunderbird (Mac)

上記設定内容を推奨した理由

AFFRIT のシステム構成の都合により,AFFRIT ユーザ全員が SSL 等による通信路の暗号化を行うと, AFFRIT が提供している他のサービスに影響を及ぼす可能性があります。 このため,MAFFIN 内部向けメールサーバ mail.affrc.go.jp では,MAFFIN 内部は比較的安全という前提に立ち, 通信路の暗号化 (POP over SSL) ではなく,パスワード自体の暗号化 (APOP) のみを行うことを推奨しています。

■ AFFRIT のメール利用に関する Q&A;

私が利用しているメールソフトの設定例が掲載されていないのですが

  • 全てのメールソフトの設定例を用意するのは不可能であるため,よく利用されているメールソフトの設定例のみを掲載しています。
  • 設定例が掲載されていない場合は,申し訳ありませんが,プロトコル対応表を見ながら,なるべく AFFRIT が推奨する設定となるようにメールソフトの設定を行ってください。
  • メールソフトの機能が不足している場合は,残念ながら接続できません。その場合は,機能がより豊富なメールソフト (Thunderbird など) に乗り換えるか,wstone, wstunnel, stunnel などの SSL プロキシを利用して対応してください。

推奨設定にするといろいろと不都合が生じるのですが

 推奨設定は,あくまでも「推奨」です。絶対にこの設定にしなければならないわけではありません。AFFRIT のメールサーバが対応しているプロトコル (通信方式)であれば,どれを利用しても問題ありません。

どのようなメールアクセスが遮断されるのかを教えてください

「暗号化されていないパスワードがネットワーク上に流れるメールアクセス」が遮断されます。

メールアクセス時における暗号化には,以下の 2 通りの方法があります (組み合わせることも可能)。

  • パスワード自体の暗号化
  • 通信路の暗号化

わかりやすいようにイメージ化すると,以下の表のようになります。 この表の通り,メールアクセス時に上記の暗号化を全く行っていない場合は遮断されてしまいますが,上記暗号化方式のどちらか片方でも行っていれば遮断されることはありません。

AFFRIT のメールサーバが対応している通信方式を教えてください

AFFRIT のメールサーバが対応しているプロトコル (通信方式) は以下の通りです。
PDF ファイルはこちらへ

email/client.1474934663.txt.gz · 最終更新: 2016/09/27 (Tue) 09:04 by kurohori